インフルエンザの予防接種

10月14日

みなさんこんにちは

カキフライのおいしい季節がやってきましたね。もともと生ガキが好きなのですが過去に何度か中毒になったことがありそのたびに懲りるのですがほとぼりが冷めるとまた生ガキが恋しくなります。

大学の卒業式は食中毒のため嘔吐、下痢、高熱の症状で欠席をした思い出がありますが卒業アルバムのページを見るたびに後悔の念に駆られます。

しんしずおか耳鼻咽喉科を開院してからは中毒になるわけにはいきませんので少量を恐る恐る食べる程度の院長の本間です。絶対に中毒にならない強靭な胃袋がほしいものです。


10月1日からインフルエンザの予防接種を始めていますが世間ではワクチンの品薄状態が続いているようです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが今年からインフルエンザワクチンの株数が変わります。

以前はA型2種類B型1種類の3価でしたが今年からA型2種類B型2種類の4価に変更になりました。

これは日本全国どこでも共通です。

株数が増えるため薬品の値段があがったため近隣の病院では接種料金が値上がりしているようです。

品薄な上に料金が高くなるとワクチンの接種を受ける人が日本中で少なくなりますので今年のインフルエンザの流行が心配になります。

予防接種を受けていてもインフルエンザにかかることはありますが症状が軽く済んだり早期に治癒する効果がありますので是非接種を受けるようにしてください。

ちなみにしんしずおか耳鼻咽喉科では昨年と同じ税込2500円で行っております。多くの方に予防接種できるようにチメロサールフリーのワクチンはあらかじめ多く確保しておりますのでご希望の方はお声掛け下さい。