祝!開院一周年!!

10月1日

こんにちはみなさん。

本日で開院一周年を迎えたしんしずおか耳鼻咽喉科院長の本間です。

ちょうど1年前の台風の日に開院したわけですが初日から電車が止まったためスタッフが遅刻したり窓から雨漏りがしたり大変なスタートでした。

私自身静岡の出身ではないのですが静岡の町、静岡の気候、静岡の人が大好きで半ば勢いで開院したようなしんしずおか耳鼻咽喉科です。

優秀なスタッフ、様々な業種の方のサポートに支えられ、また患者様の優しいお言葉をいただきながらなんとか1年間乗り切ることができました。

1年間医院を運営してきて思ったのですが、仕事の内容では患者様の診察以外にいろんな作業や書類や雑用、計算、連絡が多いなというのが実感です。

例えばレジのお釣りの準備など50円、100円、500円、5000円が需要が高くすぐに足りなくなってしまい、しょっちゅうしずぎんまで両替にいっております。院長が。


どんな仕事でも楽しんでやると面白くなってくるもので、今回は50円を多めに両替しようとか月末の時期はなぜかよく5000円の消費が早いので多めに準備しておこうとか自分なりに分析しております。が、たいてい予測は外れます。一度、破れた1000円札をセロテープで張り付けたもので診察代をお支払いいただいたことがあるのですがそのお札はATMでは受け付けてもらえませんでした。銀行の窓口にもっていったら新札に交換してもらえましたがこういうこともあるのだなあなんて感心してしまいました。


昨日は診察室のエアコンの調整をしてもらいました。

院長はかなりの暑がりなので冬でも白衣は半袖です。

エアコンの風の向きがいまいちで院長のまわりが暑く、スタッフがいる洗い場のまわりが極端に寒いようになっておりまして水面下でのエアコンの温度調節権の争いが繰り広げられておりました。よくよく考えたらエアコン業者の方に相談すれば解決するのではないかと思い連絡してさっそく昨日調整してもらった次第です。洗い場にむかう風の出口を完全に閉鎖し残る1か所にもカバーを付けてスタッフへの風の直撃を避けるようになっております。

これで少しは労働環境が改善するのでしょうか。

といってももうだいぶ気温が下がってきましたのでエアコンの活躍する期会も少なくなりそうですね。

その効果やいかに!来年の夏、乞うご期待!!