ヘルパンギーナ、手足口病in静岡市

8月3日

夏休みに入ってからセノバのフードコートが学生でにぎわっていますね。

夜中は学校の先生が腕章をつけて街中を見回りをしていますし、なんだか昔の夏休みを思い出したりしています。

夏の夜のにおいがとても好きなので夜の散歩はとても気持ちのいいものです。

中学生くらいの頃は何とか親の目を盗んで夜中に家を抜け出して遊びに行ったなぁなんて思ったりして。

友達と遊んでいるところに母親がチリンチリン鳴らして自転車で迎えに来たりしてとても恥ずかしい思いをしたものです。

最近では深夜にお腹が空いてコンビニに行くことがしょっちゅうですがその頃の習慣が抜け切れていないということなのでしょうか。

 

先月くらいから子供たちの間で夏風邪がはやっております。

よくお子さんが熱を出して病院に来られますが、夏風邪で代表的なのはヘルパンギーナ、手足口病、プール熱などで、どれも大変な病気です。

子供だけでなくお父さん、お母さんにうつってしまうことがありますので皆様ご注意ください。

大人にうつると子供より重症になってしまうことが多いですので手洗いうがいをしっかりとしましょう!

どれもウイルスが原因の病気なので抗生物質が効きません。自身の治癒力で回復する必要がありますのでしっかりと体力をつけて夏バテしないようにしましょうね!


ちなみに

8月18日の13時30分から

呉服町の子育て支援センターで

「夏に流行する子供の病気」

をテーマに勉強会を開催します。

ご興味のある方は気軽にご参加ください!

よろしくお願いいたします!