今年度の感染症の総括

3月5日

本日は休診日でしたので静岡で開催された感染症についての勉強会に参加して参りました。

今年度はエボラウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス、デングなど様々な感染症が流行いたしました。

インフルエンザが流行している時期に熱が出て咳をしている人は8割がインフルエンザにかかっているそうです。

つまりインフルエンザの検査で陰性でも実際にはインフルエンザにかかっている可能性が高いということです。

発症後早期に特効薬を内服することで病気の期間を大幅に短縮できます。

インフルエンザの流行時期には検査をするまでもなく薬を処方しても良いのではないかと考えらえられます。

デング熱は昨年かなりの流行がみられましたが虫除けスプレーを使うことで蚊を寄せ付けなくすることが重要だそうです。

日本の虫除けスプレーの持続時間はおよそ2時間なので今年の夏はこまめにスプレーをするようにしましょう。