鼻の病気


鼻の粘膜がアレルギー反応をおこした状態です。

 

アレルギー性鼻炎の中でも花粉に対してアレルギー反応をおこしたものを花粉症といいます。


鼻と繋がっている骨の部屋(副鼻腔)に炎症をおこして膿(うみ)がたまっている状態です。内部にポリープが出来ていることがもあります。


大部分はすぐに止血しますが、なかなか止まりづらい場合があります。そのような患者様に対しては必要に応じて内視鏡をつかって鼻の中をよく見ながら、電気で焼いてとめることがあります。その際は麻酔を用いて極力痛みが無いように行います。

 

鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、かぜ等いろいろな状態が考えられます。まずは鼻内をしっかり観察し、必要に応じて検査を行い原因を追究します。抗生物質等で改善が見られない場合漢方薬での治療も試みます。


とくにお子様の場合、鼻が悪くなると中耳炎を引き起こすことがあります。

鼻水を吸引することで鼻および副鼻腔の粘膜が正常に戻ろうとする機能が働き、結果として病気の治癒が早まります。
鼻水がアレルギーによるものなのか細菌やウイルスに感染しているためなのかを見極めて適切に対処いたします。