補聴器


当院では補聴器の取り扱いを行っております。

日常会話で、聞き返しが多くなっていると感じたときにはご相談ください。ご本人が気付かないことも多いので、ご家族が気になったときには受診をお勧めします。

実際に補聴器の使用を考えている場合や、現在補聴器を持ってはいるけれど効果が実感できない方、うまく使えずにあきらめかけている方にもアドバイスいたします。

 


補聴器を導入するまでの流れ


①当院を受診していただきます

②診察をおこない耳の中を観察します。顕微鏡やカメラで観察し耳の病気がないか確認します。

③検査

聴力検査を行い補聴器の使用が適切か判断いたします。

標準純音聴力検査

~どのくらい小さい「音」が聞こえるかを調べる

まず、会話など空気中を伝わる音の聞こえを調べます(気導聴力測定)。ヘッドフォンをあて、「ボォー」という低い音(125Hz)から「キーン」という高い音(8000Hz)までの広い音域の間から7つの周波数の音を聞きます。

次に、耳の後ろの骨に振動板と呼ばれる機器をあて、顎や頭蓋骨などの骨を通して伝わる聞こえを調べます(骨導聴力測定)。


語音明瞭度検査

~「言葉」の聞き取りやすさを調べる

ヘッドフォンから流れてくる「ア」「キ」などの言葉(語音)を聞こえた通りに発音し、その正答率からその人にとって聞き取りやすい音(言葉)の程度を調べます。流れてくる音の大きさは「ささやき声」程度のものから、その方の最高明瞭度の大きさまで。正答率が高いほど聞き間違え(「キ」が「イ」に聞こえてしまうなど)が少ないということがわかり、補聴器によって効果が期待できるかどうかの判断材料になります。


 

④診断・相談

検査結果のグラフ(オージオグラム)を見ながら聴力レベルの診断を受けます。難聴区分25dB以下で正常とされていますが、例えば軽度難聴(小さい声での会話が聞き取りづらい)、中度難聴(普通の日常会話が聞こえづらい)などの所見があった場合は、補聴器の試聴も行えます。  

 

⑤補聴器の説明・選定

一人一人に合った補聴器を選んでもらうため、認定補聴器技能者よりその種類(耳の中に入れて使う耳穴式、耳にかけて使う耳かけ型、本体を衣類やカバンの中に入れて使う箱型など)や機能、使い方などの説明を受けます。さらに、実際に補聴器を装用すると「聞こえ」がどのように変わるかを普段の生活環境に近い中で確認し、より自然で心地よい聞こえが実現できるよう細かい調整を行います。



購入する前にまずは2週間自宅でおためしで使用してみてもらいます。

実際に使用してもらい効果があるようであれば実際に購入していただきます。

使用してみて効果が得られなければ購入しなくてもかまいませんのでご安心ください。