舌下免疫療法


当院ではスギ花粉症の舌下免疫療法による治療をおこなっています。
舌下(ぜっか)免疫療法といいますが、この治療はスギ花粉症を完治させる治療法です。

さらに詳しくはこちらのページをご覧下さい。

舌下免疫療法とは


舌下免疫療法とは舌の下に スギ花粉のエキスを垂らす治療です。
ここで「免疫」という言葉ですが、これは「体がスギ花粉を異物と認識して、スギ花粉を体の外へ出す」 働きの意味です。

スギ花粉症の方は鼻の中にスギ花粉がくっつくとこれを 排除しようとして、くしゃみや鼻水が出るわけです。
この反応をなくすためにスギ花粉エキスを薄い濃度から だんだん濃い濃度に上げながら体がスギ花粉を異物として認識しなくするようにする。

治療方法


まず一度診察を受けていただきます。

その際に血液検査で花粉症の検査をいたします。

その結果によりスギ花粉症と診断されれば治療の適応となります。

 

治療の手順

①一度通常の診察を受けていただきます。

②血液検査で花粉症の検査を行います。

③2回目の診察の時に治療開始となります。

④診察の際にシダドトレンという薬を舌下に使用し2分間後に飲み込みます。その後、30分間待合室で副反応を見ます。

⑤アレルギー反応が出なければ帰宅していただきます。

⑥ご自宅で1日1回毎日舌下投与していただきます。

⑦1週間後に再度診察します。

⑧さらにもう1週間後に診察します。

⑨以降は1月に一回の診察となります。 

毎月1回の通院で1日1回スギ花粉のエキスを舌の下にたらすだけです。

だんだん体がスギ花粉に慣れる治療なので、時間がかかりますが最低2年は続ける必要があります。

副作用


口やのどのかゆみ、舌の下・口の中の腫れ

耳のかゆみ、頭痛など


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー薬剤投与30分以内に蕁麻疹や腹痛嘔吐などの胃腸症状、呼吸困難、意識の混濁など