耳の病気


耳垢がたまると耳垢栓塞という状態になります。聞こえづらさの原因になることもあるため注意が必要です。

特に小さいお子様はなかなかご家庭で耳掃除ができないため体質によっては定期的な受診が必要になることがあります。

「耳垢がつまってそうだな」「耳垢がつまっていないか見てもらいたい」

と思いましたら一度耳鼻科での診察をお勧めします。

 

ある日突然聞こえにくくなる病気の代表例として挙げられます。治療が遅れると改善する可能性が低くなってしまいます。突然耳が聞こえにくくなった場合には早期の受診をお勧めします。



加齢性難聴(老人性難聴)

年を重ねることで聞こえにくくなりますが、お薬などで聞こえを良くすることは難しいことが多いです。ご自身にあった補聴器を使用することにより日常生活でのご不便はかなり解消されます。



鼓膜の奥の中耳という部分に炎症がおこるため耳の痛みが生じます。

適切な抗生剤の使用や必要に応じて鼓膜を切開することで早期の治癒を促します。

軽度の場合は抗生剤を使用せず痛みなどの症状を取る治療のみを行う場合もあります。

 

 

中耳に液体がたまっている状態です。

急性中耳炎が長引いてこの状態になる場合があります。

お子様の場合「聞き返しが多い」、「テレビの音が大きい」などがこの病気のサインになります。放置すると言葉の習得や学校の勉強に支障が出たり、のちのち悪い中耳炎に移行することがあります。

まずはお薬の治療や鼻から耳に空気を通す処置を行います。それでも治らない場合には、長引かないよう次の段階に移行します。具体的には鼓膜に小さな穴を開けたり、鼓膜にチューブを留置したりします。十分な説明なうえ、安全に処置を行います。

 

 

鼓膜に穴が開いている状態で中耳が外界と直接つながってしまい、中耳に細菌感染症が起こります。症状がひどくなると耳鳴りや難聴を引き起こします。



中耳炎を繰り返すうちに一部が増殖して耳の周りの骨を破壊する病気のことです。

血や膿の混じった耳ダレが出て来ます。真珠腫の拡大によって難聴やめまい、顔面神経麻痺などを生じるようになります。



突発性難聴の後遺症や年を重ねることで生じる耳鳴りがあります。

耳鳴りに対する正しい理解、および西洋薬や漢方薬の中から体質にあった薬を使用することで、苦痛を軽くする努力をいたします。


耳がふさがったような感覚を耳閉感(じへいかん)といいます。

耳垢や物がつまって生じた耳閉感は耳を清掃することで改善します。

その他、耳閉感は難聴により生じる場合やメニエール病の初期症状として起こる場合などもあります。

慢性的に耳詰まりを起こしている場合、滲出性中耳炎や耳管開放症、耳管狭窄症などの可能性もあります。

急激な体重変化で耳管がつまったり、広がってしまうことで生じます。この場合は体重のコントロールや漢方薬での体質改善が効果的です。

 

 

耳の穴の入り口から鼓膜まで(=外耳道)が何らかの原因により、炎症を起こしてしまった状態のことをいいます。
通常、かゆみや痛み、耳だれなどの不快な症状を伴います。

 

 

 

耳に物を入れてしまった場合はできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。ご自身で無理にとりだそうとすると奥まで入り込んで鼓膜を傷付けてしまうことがあります。


当院では補聴器の取り扱いを行っております。

難聴の患者様に病状から判断しておすすめする場合があります。

当院では補聴器を販売することによる利益は得ておりません。

患者様に本当に必要な場合のみお勧めしております。

ご希望の方は受診の際に一度ご相談ください。