聞こえ、耳鳴りの検査

聴力検査の機械モリタ製作所

聴力検査の機械です。

耳の聞こえの状態を確認します。

聴力以外に鼓膜の状態を調べる検査耳鳴りの検査も可能です。当院で採用しているこの検査機器は最新の機器です。このタイプでは日本第一号機となっております。

聴力検査の様子 看護師と患者さん

写真のような防音設備のある聴力検査室にて検査を行います。

通常の聴力検査で異常がみられる場合はより詳細な検査を行います。


めまい、ふらつきの検査機器

重心動揺計の機械

重心動揺計

めまい症状のある方に行う検査です。

体の重心の位置を計測しふらつき具合を調べます。

検査のデータを解析することで脳や内耳に異常がないかを調べることができます。

症状が改善してきたら再度検査を行い改善度を計測します。 

脳の異常などが検出された場合はより詳細な検査をご案内します。


めまい検査赤外線CCDカメラ 

赤外線CCDカメラ

マスクのようにつけてもらい体勢を変えながら検査します。

めまいがする時は眼球がグルグル動いている様子が観察できます。

検査の際に録画をして患者様に見ていただくことができます。

頭位変換眼振検査の様子

写真のように体勢を変えながら目の動きを観察します。



レントゲン、画像、撮影の検査機器

レントゲン装置です。

副鼻腔炎(蓄膿ちくのう)アデノイド骨折などの診断の際に使います。

 

顔面のみに放射線を照射するので体への被ばくは最小限におさえることができます。

レントゲン撮影の際には患者様に下の写真のような防護服を着ていただきます。鉛が入っているためやや重いですが患者様の安全を第一に考え被ばく量を極限まで小さくします。

当院ではお子様用もご用意があります。

防護服
耳鼻咽喉科レントゲン装置

デジタルマクロビューの耳鏡

耳の中を観察する機器です。

 

耳の中を鼓膜まできれいに観察でき撮影することもできます。

実際には大きなモニター画面で観察していただきます。

喉頭ファイバー耳鼻咽喉科内視鏡

内視鏡カメラです。

鼻の中、のどの奥まで観察することができます。

患者様に見てもらいながら詳しく説明することができます。検査の際には鼻からカメラを入れますのでまず先に鼻内の麻酔を行います。

 

耳鼻咽喉科手術用顕微鏡

手術用の顕微鏡です。

耳の中を詳しく見る場合に使います。

中耳炎や耳垢がたまっている場合などに処置をする際に使います。

顕微鏡の画像を患者様やご家族に見ていただくことができます。

睡眠時無呼吸検査

睡眠時無呼吸検査機器

ご自宅で睡眠時無呼吸の検査ができます。患者様のご自宅に郵送で機器をお届けし2晩装着して検査を受けていただきます。結果に基づいて必要な治療を進めてまいります。

 

 

手術機器、レーザー装置

花粉症アレルギー性鼻炎レーザー治療

炭酸ガスレーザーです。

アレルギー性鼻炎、花粉症の患者様の鼻づまりを解消するために使用します。

詳しくはアレルギー性鼻炎の治療をご覧ください。

鼻出血止血用電気メス

鼻血を止めるための装置です。

鼻血が止まらない場合などには電気で鼻の内部の止血を行います。

麻酔を含ませた細いガーゼを鼻に挿入し痛みを感じなくなったことを確認してから止血を行います。

鼓膜麻酔器イオントフォレーゼ

鼓膜麻酔器です。

中耳炎で鼓膜の奥に膿や水がたまっている場合、鼓膜に小さく穴をあけて抜く鼓膜石灰というその際に鼓膜を麻酔します。

微弱な電流を流し鼓膜に対し麻酔を聞きやすくする働きがあります。

麻酔が効くまで10分程度かかりますのでベッドで横になっていただきます。

 

超音波ネブライザー

超音波ネブライザー

薬剤を霧状にし吸入することで鼻、のど、気管の炎症を抑えます。

超音波で霧を作るため非常に細かい粒子になり気管の奥まで届くことができます。

炎症を抑えて鼻やのどのはれを抑える薬剤と痰や鼻水を出しやすくする薬剤が含まれてます。

鼻から吸入するタイプと口から吸入するタイプをご用意しています。

 

滅菌、消毒機器

オートクレーブ滅菌機

オートクレーブという器具を滅菌する機器です。

高い温度と圧力の水蒸気を作り、加熱することですべての微生物(細菌、ウイルス)を除去する効果があります。

血液が付着した器具やメスなどの手術器具はすべて滅菌を行い院内感染を予防します。

内視鏡洗浄器

内視鏡洗浄装置です。

内視鏡カメラを置きスイッチを入れることで自動で最後まで洗浄できます。

人の手で洗浄を行うよりも確実に洗浄、殺菌ができるため安全に使用することができます。

内視鏡カメラは使用する患者様ごとに毎回殺菌を行います。

患者様の鼻やのどに直接触れるものは常に清潔に保つよう努めております。

安心して検査をお受け下さい。

細菌、ウイルスの検査機器

①インフルエンザ検査キット


インフルエンザの検査キットを導入しています。鼻の奥から綿棒で鼻水を採取して検査することで8分程度で結果が出ます。

検査結果以外に全身の症状や発熱などの状態を含めて総合的にインフルエンザと診断いたします。


インフルエンザ迅速検査キット
インフルエンザ迅速検査キット

②溶連菌迅速検査キット

当院では溶連菌検査キットを導入しています。のどの奥から綿棒で唾液を採取することで検査できます。

溶連菌の場合には10日間抗生物質を飲み切ってもらいます。

溶連菌迅速検査キット
溶連菌迅速検査キット

③RSウイルス迅速検査キット

RSウイルスというウイルスを検出するキットです。鼻の奥から綿棒で唾液を採取することで検査できます。

1歳未満のお子様でかぜ症状がみられる場合にはRSウイルスの可能性がありますので検査いたします。

RSウイルス迅速検査キット
RSウイルス迅速検査キット

④アデノウイルス迅速検査キット

アデノウイルスというウイルスを検出するキットです。のどの奥や目ヤニかを採取することで検査できます。

発熱、のどの痛み、下痢、目ヤニが主な症状です。

1週間程度症状が持続しますので注意が必要です。

アデノウイルス迅速検査キット
アデノウイルス迅速検査キット