鶏眼うおのめ

症状

 足の裏の角質が固くなり、くさび状に深く食い込みます。これが刺激  して歩くときに痛みをもたらします。いわゆる「魚の目」です。 

原因

足のサイズや形に合わない靴を履いたり、姿勢や歩行時のバランスが  悪いことなどで発生します。

治療と予防

治療では、「鶏眼を削る」ことが  基本です。角質を軟化させる貼り薬などはお勧めしません。ウイル  ス性のイボなどと鑑別が必要です。

予防では、きちんと足のサイズや  形に合った靴を履く、正しい歩き 方をすることです。また、適切な靴の中敷きの作成が  必要な場合もあります。