皮脂欠乏性湿疹

症状

皮膚が乾燥して、皮膚が日照りの地割れのようになり、赤い斑や  ぶつぶつができ、かゆくなります。すねやふくらはぎ、腰の後ろ  などに多くみられます。

原因

皮膚が乾燥する乾皮症という状態が、悪くなって発症します。  冬の季節、高齢者に多いです。

治療と予防

湿疹まで進行すると、ステロイド  外用薬で治療します。 入浴時に洗いすぎないことや入浴  後の保湿で予防します。

一言アドバイス

保湿には軟膏やクリーム、 ローションタイプがあります。 皮膚の状態や好みに合わせて 使い分けましょう