梅毒

症状

 第1期(感染後3週間)では、性器に硬い皮膚の膨らみやしこりができ、自然に   潰瘍になります。痛みを伴わないリンパ節の腫れがそけい部などに生じます。  第2期(感染後数ヵ月)では、赤い斑が体幹に多発したり、厚い鱗屑をともなう  赤い斑が手足にできたり、陰部などに平らなしこりができます。また、のどの  奥が赤く腫れたり、食道や胃にも病変が起こることがあります。

原因

梅毒トレポーマによる感染症で、性交渉で感染します。

治療と予防

治療では、ペニシリン系の抗菌薬を  病期により4~12週間投与します。 予防では、特定の相手との性交渉や  避妊具の使用で防ぎます。

一言アドバイス

抗菌薬投与の効果で、発 熱・悪寒、全身倦怠感、 全身の皮疹、頭痛が出現 することもあります。