伝染性膿痂疹とびひ

症状

  体のあちこちに紅斑、痂皮(かさぶた)、水ぶくれなどが出て、周囲や遠くの  部位に次々と拡大する皮膚疾患です。

原因

 皮膚表面への細菌感染が原因で、水ぶくれをつくる黄色ブドウ球菌、かさぶたを  つくる溶血性レンサ球菌とに分かれます。ほとんどが前者の方です。小児に多く  発症します。湿疹や虫刺され、けがなどから始まることがあります。

治療と予防

抗菌薬の内服と外用薬で治療します。搔きこわして広がっていくことが多いので、ステロイド外用薬を併用することあります。抗菌薬の効果をみるため、2~3日後にあらためて診察をします。 多くの薬剤に耐性をもつMRSAなどの菌  がついていると治りにくいです。

一言アドバイス

皮膚を清潔にする、湿疹をきちんと治す、爪を短く切っておく、手をよく洗うなどして予防しましょう。