・ブドウ球菌性熱傷様皮膚剥脱症候群・SSSS

症状

口や目の周りやわきの下などにびらんやかさぶたが出現し、発熱します。  全身に痛みのある赤いブツブツが出る場合もあります。一見正常そうな  皮膚もこすると剥けたりします。乳幼児に多くみられます。

原因

 黄色ブドウ球菌という細菌が出す毒素による全身中毒性反応です。

治療と予防

治療は、入院が必要になることが  多く、抗菌薬の点滴や内服と水分  補給などで全身管理を行います。

一言アドバイス

「新生児剥脱性皮膚炎」 という別の名前もあり、 6歳くらいまでの乳幼児に 多いですが、成人も罹る ことがあります。