グリーンネイル(緑色爪)

症状

  爪が緑色に変色し、時に爪囲に炎症を起こします。  爪を押すと痛いことがあります。

原因

緑色の色素を作る細菌の感染(緑膿菌)が原因で起こり、水仕事をする  女性によくみられます。多くの場合、カンジダ性爪炎や爪白癬などを  伴っています。

治療と予防

病変部の爪を短く切って乾燥させ、  適切な外用薬で治療します。

一言アドバイス

マニキュアやつけ爪の下 に発症することがよくあ ります。爪の色が変色し ていたら、お医者さんに 相談しましょう。