小児科


一般診療

 

発熱、咳、鼻水、嘔吐、下痢、腹痛、発疹などお子さまの症状全般の診療を

行っています。

風邪、インフルエンザ、溶連菌、感染性胃腸炎などの感染症

アトピー性皮膚炎・喘息・食物アレルギー・気管支喘息・花粉症などのアレルギー疾患

便秘、夜泣き、おねしょ、発達・発育のチェックや育児相談にも応じております。
お子さまのことでお困りでしたら何でもご相談ください。 

乳幼児健診

健診では発育(身長・体重などの成長の様子)、発達(運動、言語などの成長の様子)を診察し、ご家族の不安や疑問などにお答えします。

お子さまの病気や異常の早期発見、栄養状態の確認、子育ての悩みや疑問を

相談する良い機会ですので是非お受け下さい。

 

【公費(無料)で受けられるもの】予防接種との同時受診も可能です

 

4ヶ月健診   生後3-5ヶ月の時期 

10ヶ月健診 生後9-11ヵ月の時期

(この期間を過ぎると自費となりますのでご注意下さい)

 

◎持ち物:静岡市から送られてきた案内表、母子手帳、替えのオムツ

         お薬が処方されることもあるので保険証、こども医療費受給者証も

         お持ちください。

 

1歳半健診、3歳健診は各区の保健センターでの集団健診となります。

 

【自費で受けられるもの】

6-7カ月健診、1歳健診、2歳健診、保育園や小学校などの入園・入学前健診

各種指定様式にも対応しております。

 

健診の項目(例)

身長、体重、頭囲、胸囲、栄養状態、心臓疾患(心雑音・不整脈など)、

脊柱・胸郭疾患(側湾・漏斗胸など)、皮膚疾患、耳鼻咽喉科疾患、

眼科疾患(斜視など)等

学校や園指定の健診表にも対応しております。

※視力検査、知能検査は実施していません。

 

いずれも5400円(税込み)となります。

健診、予防接種は予約制となります。お気軽にお問い合わせください。

 

 

予防接種

予防接種のページをご参照下さい。

次回の予防接種のご案内まで責任をもって対応いたします。

 

◎持ち物:母子手帳、予防接種シール(公費のもの) 

 ・予防接種シールを紛失されたときは、保健所保健予防課または
  各保健福祉センターで再交付してもらえます。
・住民票が静岡市外の方は、接種前に住民票のある市での手続きが
    必要となります。住民票の保健福祉センターへお問い合わせください。

処方について

お子さまの年齢やご希望にあわせてシロップや粉末薬、錠剤、吸入液など

様々なお薬を準備しております。

漢方薬や、保湿剤・あせもの薬などの外用薬も処方しております。

お薬の飲み合わせや飲ませ方でお悩みの方も、お気軽にご相談下さい。

 

 

基本方針

 【診察について】

お子様が発熱などの急性疾患にかかった場合、その多くはお子様自身の免疫力で治癒していけます。お薬も多くのものが、対症療法を支持するものです。

それらを調整し、お子様自身の免疫力のサポートするのが小児科専門医の役割と考えております。

 

 

鼻水、咳、発熱といった症状は、体を守るための生理的な反応であり悪いものではありません。しかし放っておくと、特に小さなお子様は鼻水や痰を外に出す

力が弱く、中耳炎や副鼻腔炎になってしまうこともあります。また最初は症状が軽くても、途中で病態が変わったり、違う所見が出てきて診断が変わることも

あり、経時的に状態を評価することが大切です。

 

 

医師の間では後医は名医とよく言われます。後に診る医師の方が、身体所見がそろった状態を診察し、処方されたお薬への反応を見ることができるからです。

ですので、大切なのは、お薬を出しておしまい、ではなく、その後どのような経過をたどっているかを確認し、症状が増悪していないか、合併症をきたしていないかを適切なタイミングで診ていくことだと思っています。

「お薬が効いてない気がする」というのも大切な情報ですので遠慮なく

おっしゃって下さい。また診ていく中で、入院や更なる検査が必要と考えた場合は速やかに総合病院へ紹介いたしますのでご安心ください。

 

 

 

小さなお子様は「おなかが痛い」「喉がいたい」「だるい」などとはっきりと

言葉にだして訴えることができません。

受診のタイミングで悩む方もいらっしゃることと思いますが、

「なんかいつもと違うな」と思った時には受診をお勧めします。

「咳や鼻水が出ているけど軽いし、どうしよう」「解熱剤はあるけど、解熱剤を使うだけでいいのかな」というときでも、受診することで心配が軽減し、育児、看病が楽になると思いますので、お気軽にご受診下さい。

 

受診時にはできるだけ「一般的にはあとどのくらいで良くなるか」「自宅で気を付けること」などをお伝えするようにしております。

 

 

抗生物質の処方について】 

 

抗生物質は「細菌」を殺すお薬で、「ウイルス」には効きません。

お子さんの風邪の原因の多くが「ウイルス」ですので風邪のときには抗生物質がなくても大丈夫です。ただし、「風邪症状」でも以下が考えられる場合は細菌が(も)悪さをしていますので、抗生物質を使うことがあります。

 

 

・溶連菌感染症  ・百日咳    ・マイコプラズマ 

・中耳炎     ・副鼻腔炎   ・細菌性肺炎

 

その他、皮膚や尿の感染症、医師が必要と判断した場合には処方いたします。

 

 

 

抗生物質を使うことで、耐性菌(抗生物質に力をもった細菌)が増えることが今問題とされています。

 

そのため、抗生物質を「適切に使う」ことを目標としています。

 

 

 

よくあるご質問

Q こどもの咳、鼻汁で受診をしたいけれど、耳鼻科と小児科どちらで

受診をすればよいの?

A お子さまの風邪症状の診察は耳鼻科、小児科どちらでも対応しております。小児科診察室内にも、耳鼻科と同じ機械がありますので、

鼻吸い、吸入、簡単な耳垢の除去、中耳炎の診察も可能です。

また、診療時間や予約状況をみて来院後に変更も可能です。

※予防接種と健診は小児科のみとなっておりますのでご注意下さい。

 

Q こどものアトピーや腹痛などもみてもらえるの?

A 小児科の診療時間は、小児科専門医が担当しております。

耳鼻科疾患のみならず、お子さまの症状全般の診療を行っておりますので

お気軽にご受診ください。

 他科での診察や、入院や高度な検査が必要な場合には近隣の総合病院へ

ご紹介させていただきます。ご希望の病院に紹介することも可能です。

まずは当クリニックに御受診ください。

 

Q 赤ちゃんでも血液検査はできますか?

A アレルギー検査などの血液検査は0歳児から可能です。

 

Q 子どもの点滴はしてもらえますか?

A 申し訳ありませんが、乳幼児の点滴は現在実施しておりません。

強い脱水等で補液が必要な場合は、近隣の総合病院へ紹介させていただきます。

当院では痛みのない、経口補水療法(OS-1)を推奨しております。

 

Q 朝から発熱しています。小児科は予約をしないと受診できないですか?

A 当日、予約なしの受診も受け付けておりますが、診察までの待ち時間が長くなることがあります。空きがあれば当日予約ができますので、事前予約をお勧めしております。

予約の空きがない場合はそのままご受診下さい。

 

Q 小児科しか診察していない時間に、子供と一緒に親も診てもらえますか?

A 当院は耳鼻科医・小児科医がおりますので、ご家族での受診を歓迎しております。小児科のみの診察時間帯でも、付添いの方の風邪や咽頭痛などの診察は可能ですので受付けにお申し出ください。

ただし、成人の方のみの受診、めまいや難聴・聴力検査、喉頭鏡が必要な疾患等の耳鼻科専門医の診察が必要な疾患に関しては、耳鼻科の診察時間内にご受診下さい。

 

Q 学校に提出する治癒証明を書いてもらいたいのですが、本人を連れて行かなくても書いてもらえますか?

A 治癒証明は患者様ご本人を診察したうえで書かせていただきます。

 

Q 熱性けいれんにかかった後、どのくらいあければ予防接種はできますか?

A 熱が下がってから1か月あければ大丈夫です。その他、風邪などの発熱あ解熱後1週間、水ぼうそうやおたふくにかかった後は、治癒後1か月あければ大丈夫です。

咳や鼻のお薬を内服していても接種はできます。

 

診察時のお願い

耳や口の中の診察をする際に嫌がるお子様は多いと思いますが、安全で正確な診察には付添いの方の適切な固定(抱き方)が重要となります。

クリニックの中待合に、診察時のお子様の抱き方の説明が写真付きでありますのでご覧下さい。

 

また発熱があるお子様には、受診時にお渡しする熱計表の記載をお願いしております。熱の期間・形はとても有用な情報です。受診後も自宅で記録を付けていただき、

次回受診時にお持ちください。

 

ご自宅でも発熱時に熱計表をつけておくことをおすすめします。

熱計表はこちらからダウンロードできます。

 

 

予防接種・血液検査時のお願い

予防接種の多くは0-2歳で終わりますが、大きくなってもインフルエンザや麻疹風しんワクチンなど注射をする機会があると思います。

当院では、予防接種や血液検査を予定している場合、あらかじめ受診前にご両親からお子様へお話をしていただくことをお勧めしています。

「今日は体を強くするためのチックンの日だよ。少しだけ痛いけど、ママが抱っこしてあげるから、いっぱい泣いていいから頑張ろうね。」などが良いでしょう。

 

「今日はチックンはしないよ」といって来院された場合、診察室で急に注射をすることがわかるとお子様はパニックになってしまいます。激しく動いてしまうと危険なため強く抑えなければならず、お子様には“怖い”ことだけが記憶に残ってしまい次の注射も難しくなります。

 

「なぜ痛いけど注射をしなければならないのか」を伝えることはとても大切です。

あらかじめ伝えていても、注射のときは泣いてしまうと思いますが、終わった後は案外ケロッとするものです。お子様の注射が終わったら、たくさんほめてあげてくださいね。

 

 

こどもの病気について

作成中