真珠腫性中耳炎


中耳、内耳を破壊していくタイプの中耳炎です。真珠腫とは、耳垢が鼓膜の奥で蓄積され、一見真珠の様に見えることから付けられた名前です。耳垢は本来耳の外に排出されるものですが、耳の機能が悪い場合や鼻ススリの習慣により、鼓膜の一部がへこんで袋状になると、その中に耳垢が貯まり続け、真珠腫がつくられます。この真珠腫は、次第に中耳や内耳を破壊します。


症状


真珠腫は細菌感染も伴いますので、耳だれや耳の痛みをひきおこします。内耳までひろがると難聴、耳鳴り、めまいも出現します。また、顔面神経を破壊して顔面神経麻痺(顔の半分が動かなくなる)を起こしたり、まれに頭蓋内にひろがることがあります。

治療


真珠腫に対しては基本的には手術(鼓室形成術)が必要です。しかし、初期のものなどでは、基礎に存在する耳管機能の問題、鼻ススリの習慣を制御することなどで、保存的治療も可能です。
当院では、近隣の総合病院に紹介しております。