滲出性中耳炎


滲出性中耳炎は、3歳から10歳頃に多くみられます。
子供の難聴の原因で一番多いものといわれています。

大人だと鼻をすする癖がある方や鼻の調子が悪いとかかりやすい病気です。


症状


中耳炎という名前ですが、痛みや発熱ありません。
山に登ったり電車がトンネルに入ったときのような、耳がつまった感じや少し聞こえにくいことが主な症状で、子供では呼んでも返事が無かったり、テレビの音が大きいなどで気づかれます。

耳が「ポコポコ」となることもあります。

原因


鼓膜の内側(中耳)と、鼻の奥・のどの一番上は、耳管という細い管でつながっており、耳管がつまりやすいことが原因滲出性中耳炎を引き起こすことが多いです。

また鼻づまり、鼻汁が多い、のどの炎症、などで耳管の働きがわるくなり滲出性中耳炎になりやすくなります。
また、膿がたまる急性中耳炎の治りかけに滲出液が残ってしまう場合があります。

診断


鼓膜をみると、鼓膜がへこんでみえたり鼓膜の内側の滲出液(みずのような液体)、気泡がみえることで診断します。
検査では鼓膜に圧力をかけて鼓膜の動きを見るティンパノメトリーという検査で、動きが悪いことが確認できます。
聴力検査では、少しの聴力低下がみられることがありますが正常の場合もあります。

治療


鼻・のどの炎症を治療することで耳管の働きを改善することで治療を行います。

クラリスロマイシンという抗生剤を少量内服して中耳や鼻の線毛機能の改善をうながし排液を行う手助けを行います。

あわせて痰や膿の粘りをとり、排出しやすくする薬を内服していただきます。

上記の方法で症状の改善が得られない場合は次の段階として鼓膜に小さな穴をあけて水を吸い出す「鼓膜切開」という治療も可能です。

鼓膜切開で開けた穴は数日で自然に閉鎖してしまいますので穴を残すために鼓膜にチューブを挿入することがあります。チューブの穴から自然に外に滲出液が流出して症状を改善します。

鼓膜切開もチューブの挿入も鼓膜の麻酔を行ってから行う手術です。