慢性中耳炎


急性中耳炎の際に鼓膜に穴が開きそのまま穴が残った状態です。通常は急性中耳炎の鼓膜の穴は、炎症が治まると自然閉鎖しますが、適切な治療がなされなかったことなどが原因で鼓膜に穴が開いたままの状態に移行することがあり、これを慢性中耳炎と呼んでいます。

症状

聞こえづらさが主な症状です。また、風邪をひいたときなどに中耳に炎症を起こし、耳だれとなります。一般的には痛みを訴えることはありません。だから、急性中耳炎と違い、「痛くない中耳炎」です。しかし、痛くないからといって、この状態を長期間放っておくと治りづらい難聴をきたす場合もあります。

原因

鼓膜の内側(中耳)と、鼻の奥・のどの一番上は、耳管という細い管でつながっており、子供のうちはこの耳管が未発達でつまりやすいことが原因です。

鼻づまり、鼻汁が多い、のどの炎症、などで耳管の働きがわるくなり滲出性中耳炎になりやすくなります。
また、膿がたまる急性中耳炎の治りかけに滲出液が残ってしまう場合があります。

治療

耳だれに対しては、抗生物質の服用や点耳薬を使用します。しかし、これらの治療で耳だれが止まっても、鼓膜の穴は残っており、放っておくと再び感染が起こり耳だれを生じることになります。完全に治すには、手術が必要です。外来でも行える「鼓膜形成術」と、入院を必要とする「鼓室形成術」があります。「鼓膜形成術」は、鼓膜の穴を閉鎖させる手術で局所麻酔での日帰り手術が可能です。この手術で完治することのできない場合で完全な鼓膜の閉鎖、また聴力の改善を目的とした「鼓室形成術」が適応になります。