加齢性難聴(老人性難聴)


テレビの音がうるさいと家族に指摘された。電話の声が遠くなってきた。などの症状で自覚することが多いのがこの難聴です。老人性難聴とも呼ばれます。


原因


人間は年をとることにより耳の聞こえが徐々に落ちていきます。

耳の中に耳あかが詰まってしまって聞こえづらくなることもあるので要注意です。

症状


加齢性難聴の場合は高い音から聞こえづらくなります。通常は左右とも同じ程度の難聴になります。耳鳴りが起こることもあります。

診断


診断には聴力検査が必要です。通常の聴力検査に加えことばの聞き取りの検査などを行い原因を特定します。

耳鳴りを生じている場合は耳鳴りの検査を合わせて行います。

 

治療


加齢性難聴で聞こえづらくなっている場合は基本的に薬の効果がありません。難聴の程度により補聴器をお試しすることもできます。

耳あかが詰まっている場合は耳あかをとれば聞こえがよくなります。