メニエール病


年々患者数が増加しており現代病の一つと言われています。

難聴とめまいが生じる病気で、何度も繰り返すことがあり慎重な経過観察が必要となります。めまいがおこらない場合もあり突発性難聴との見極めが難しいことがあります。

働き盛りの成人が発症することが多く社会的にも問題となっております。


 

症状


耳がふさがった感じ(耳閉感)、片方の耳の難聴、耳鳴り、めまい、聴覚過敏などの症状が生じます。

子供の泣き声や換気扇の音、食器を置く「ガチャン」などという音が不快に感じられる症状などが出ます。

原因


妊娠・出産、育児、職場の配置転換や人間関係のストレスなどをきっかけに起こることが多いため注意が必要です。

ストレスや疲労、睡眠不足などがあると症状が改善しづらいとされています。

内耳がむくむことにより症状が出現します。

特に梅雨の時期は気圧の変動が大きく症状が悪化しやすくなりますので注意が必要です。

新幹線や高速道路のトンネル、高層ビルのエレベータなども症状を悪化させる誘因となります。

検査


聴力検査、めまい検査、重心動揺計検査などを行います。

片方の聴力が低下していたり、眼振という目の動きがみられることがあります。



治療


めまいの症状が強い場合はまず注射での治療を行います。ほとんどの場合は数日で激しいめまいは治まります。お薬はメニエール病の特効薬を処方いたします。併せて抗めまい薬や吐き気止めを処方します。ビタミン剤や血液循環改善薬を併用します。

症状に応じて漢方薬に切り替えることもあります。


処方例 イソバイド  メニレットゼリー 五苓散(ごれいさん) 柴苓湯(さいれいとう) セファドール メチコバール アデホス など